DELL XPS8950導入記 その3 ブルーレイ編

 今年は例年よりも早く梅雨が明けまして、電力が不安視されているのに加え、新型コロナウイルスの新規感染者数もまた上昇傾向に入った今日この頃、皆様に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 さて、自宅のパソコンをDELL XPS8950に変えましてもうすぐ1ヶ月が経とうとしてますが、本格的に使い始めてからちょっと間が空いたものの、ブルーレイにも対応ができましたので、今回はその件について書こうと思います。

 以前の記事でも書いてますけど、DELL XPS8950に内蔵されている光学ドライブはブルーレイに対応しておらず、それがネックになって購入をためらっていたのですが、ブルーレイは外付けのドライブを買えば良いかと考えてDELL XPS8950に決めた次第です。


20220701.jpg
 で、ネットで評価が高いのを調べて選んだのがこちら、ロジテックのLBD-PWB6U3SBK/Eです。
 最近のトレンドと言いますか、箱はシンプルなデザイン、と言うより段ボールに最低限の情報を印刷したという感じです。

20220702.jpg
 箱の中身は写真に移っている本体とUSBケーブル、あとは取扱説明書というシンプルな構成です。
 写真を見ても分かる通り、薄型軽量が売りになっているようです。

20220703.jpg
 それでもUSBでパソコンに接続すれば赤い四角で囲っているこちら、BD-REドライブとしてしっかり認識されております。

20220704.jpg
 そしてブルーレイディスクを入れれば起動しまして、映像を再生してくれます。
 しょっちゅう音がするので神経質な方だと映像に集中できないかも知れませんが、まあ内蔵されている光学ドライブで再生してもこの手の音はするでしょうから、パソコンで再生するならそういうものだと割り切るべきでしょう。
 後でBD-Rに書き込みも試してみましたが、そちらも問題なく出来ましたから、パソコンでブルーレイを使う分には及第点かと。

この記事へのコメント